寝れない時の原因とグッスリ寝る方法!不眠は改善できる?

寝れない時の原因とグッスリ寝る方法!不眠は改善できる?

寝れない時の原因とグッスリ寝る方法

人はそれぞれ睡眠時間に差があります。ある人は8時間くらい寝ないと、すっきりしない、疲れが取れないという人もいます。反対にとても忙しく睡眠時間が5時間程度だけど、しっかり寝れるという人もいます。同じ睡眠でもその時間は大きく異なるのですね。

 

でも誰でも寝りたいのに寝れない時はあるのではないでしょうか。例えば、翌朝が早いので、今日は早めに就寝したいと感じることもありますね。また今日は疲れたので、早く布団に入ったけれど、実際はなかなか寝れないという時もあるのです。

 

この寝れない原因は大きく分けて二つあります。一つは身体的理由、もう一つは精神的な理由です。身体的理由は、身体が疲れているが、興奮している状態です。私たちは交感神経と副交感神経があり、それぞれ昼間と夜の働きが違います。

 

疲れていると、このバランスが崩れてしまうこともあるのですね。そのために頭では寝りたいのに寝れないという状態になってしまうのです。この神経のバランスというのは、睡眠障害の大きな原因の1つです。

 

また寝る前にスマホでゲームやニュースをチェックしたりすることはないですか。寝る前に目から刺激が入ってくると、興奮しますし、入眠することが出来ない原因になります。また睡眠にはメラトニンというホルモンが関係しますが、スマホなどを操作することにより、そのホルモンが分泌されず、寝れない状態になってしまうのです。

 

では精神的な理由はなんでしょうか。これは体は疲れているのに、神経がリラックスできない状態であると言えます。神経がリラックスしていないと、脳の中は活発に動いていますし、体が寝るという状態になっていません。

 

リラックスをしようと思ってもなかなか心配事があって、精神的にリラックスが出来ないという場合もあります。

 

本来人間は睡眠時間が多少短くても、睡眠の質が良ければその人は寝れないと悩むことは少ないです。睡眠の質とは、入眠時に、身体的、精神的な原因を開放して速やかに入眠し、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しますが、深い眠りを保ち、その間に疲れをとることが出来るということですね。

 

睡眠の質が良いと、時間が短くても、起きた時にすっきり感を感じることが出来るのです。

 

睡眠をとろうと睡眠時間の確保に神経質になると反対に寝れない原因になってしまいます。大切なのは、睡眠時間だけにこだわらず、いかに入眠を妨げる原因を排除して良質な睡眠をとるかということなのです。

 

寝れない時に寝る方法としては、これらの寝れない時の原因を自分に当てはめ、私生活から改善していくことが必要です。

 

また、寝れない時には睡眠薬を服用することもでできますが、副作用が心配なためおすすめはあまりしません。

 

副作用のない睡眠サプリなどは、睡眠で大事なセロトニンを増幅する補助をしてくれるので、使ってみるのも1つの方法です。